今度の物件を入居する日付が、今の物件を出なければいけないタイミングと重ならない場合にはどうすればいいでしょうか。

新生活へのステップとして
新生活へのステップとして

一時的に荷物を預かってもらう

現在住んでいる物件の契約が切れる時期や退去することが決まった日にちと、自分で気に入って選んだ新居の入居できる日が重ならない場合には困ってしまいます。
まだ新居に入れるわけではないのに、今の物件からでなければならないわけですから、言ってみれば空白の期間を埋めなければなりません。
その間には不用品を処分するといっても限界があり、自分の身の回りのものや新居に持って行きたいものを一時的に保管しておく必要が生じます。
そんなときには引越しの業者を上手に活用するようにしてください。
いまでは業者がしのぎを削ってさまざまなプランを打ち立てて親切な対応を心がけていますが、サービスの中にはトランクルームにおいて一時的に荷物を預かってもらうサービスが提供される場合があります。
その場合、たいていは無料でというわけにはいきませんが、お値打ち価格で提供してくれることがあります。
気軽に電話やメールで相談してみることができます。
自分でトランクルームを探すこともできますが、料金にそれほど差がみられないようであれば、そのままそこから荷物を取り出していけばいいだけなので、引越しの作業がスムーズになるという利点があります。
いろいろな角度から考えてください。